営業日記さんや、戦略コンサルタントさんの記事を読んでいると営業は、やはり大事だなぁと感じています。

営業職の人が雰囲気がよければ、この人を通じてものを買いたいなぁと思いますし、いろいろな部分で営業の力が発揮されます。

しかし、もっともすごいのは営業の人が最悪でも「この会社の商品がほしい」と思うことです。

こういう会社は営業職がどんなに馬鹿で出来が悪くても商品に物凄い優位性を持っているために、優秀な人間を採用する必要がないのです。

それが営業職に頼らない会社です。

そんな営業職の仕事は営業の転職から

広告