最近は不動産会社が相次ぐ破綻。

しかし、それもひとまず落ち着いてきたかのように思えます。

ようはファンドに売却するビジネスモデルはもう通用しないということなのかもしれません。少なくとも3年は・・・

で、これからはやはり各特徴を重視したマンションなり不動産を販売するのがベストなのではないでしょうか?

難しいところです。

積水ハウスなどは太陽電機を活用した家を建てています。

広告

最近では中国熱も収まってきましたが、不動産はまだ伸びているようです。

いっそう政府の機能を転換するため、政府の投資政策決定の科学性と民主性を高めて、宣武区の発展はと委員会(以下が宣武区発改委と略称します)を改革して投資の北京国際有限会社(以下の略称の“北京を投資します”)に公然と社会のコンサルティング機関を選んで採用するように頼んで、宣武区政府を創立してコンサルティング機関の倉庫を投資します。
一、範囲を選んで採用し
ます  1.工事のコンサルティング
機関  専門の範囲:総合経済;電子;通信する情報;映画テレビを放送します; 生態建設と環境工学;市政の公用の工事(排水して、ガスの熱エネルギー、道、公共交通、景色の庭園、環境衛生に);建物;都市計画;その他の(省エネルギー、新しいエネルギー、旅行の工事、土地が整理します)。
サービス範囲:コンサルティングに計画を立てます;編んで本を提案しています;編んで、プロジェクトの申請と資金の申請をすることができます;コンサルティングを評価します;工事の設計。
2.工事価格のコンサルティング機関。
付けます:選んで採用する機関に参与して工事が工事価格の素質を問合せすると上に交差があることができます。
二、条件を選んで採用し
ます  招聘に応じる人の以下の資格を備えるべきな条件
:  1.中華人民共和国の法律の正式に設立して、登録して運営する独立の法人の組織によって。北京であって事務機構に駐在して、北京で相談サービスを展開することができる業務。
2.良好なコンサルティングの能力と管理能力を持って、同業(者)の内に良好な信用と相談サービスの業績があって、連続して3が毎年取り調べるのが合格です。
3.招聘に応じる人は今回に参与して選んで採用して、その下役の部門が再度得ないで招聘に応じることに参与します。
4. 工事の種類を問合せする仲介機構、必ず乙組以上(乙組をくわえます)の工事を備えて素質を問合せしなければなりません;工事価格種類の仲介機構、必ず乙組(乙組をくわえます)の以上の工事価格を備えて素質を問合せしなければなりません。
5.企業の性質のに属して、資本金は人民元の200万元より低くなってはなりません。
三、コンサルティング機関の仕事の内
容  入選するコンサルティング機関は宣武区発改委と協力して、政府で政策の制定、投資項目の運営の各を投資して段階相談サービスを提供して、サービスの内容はプロジェクトのコンサルティング、政策決定諮問などを含みます。
四、招聘に応じるファイ
ル  わざと参与して招聘に応じるコンサルティング機関しかし7月25日前でに“北京を投資します”のウェブサイト(のwwwを登録します.bjinvest.gov.cn)申請表をダウンロードして、そして完備した申請表と招聘に応じる材料の製本する1式の2組の(齊縫章を押します)を、派の担当者は“北京を投資します”を配達して、材料は時間の(労働日の9:00-17:00)を配達します7月25日まで。
招聘に応じるファイルが含むべきでしかし以下の内容に限りませ
ん:  (1)招聘に応じる機関の名称、登録して、住所、電話、ファックス、メールアドレスなどを連絡します。
(2)招聘に応じる機関の基本的な情報:機関の簡単な紹介、従業員の総人数、専門の技術者の数量、構造、業務の技能を組織します、業務を展開する情況、関連している業績など。
(3)資格証明のファイル:北京で合法的に法定の代表人の身分証明のファイル。
(4)2007年の監査報告、品質保証体系の証明書、3年近くの業績と典型的な成功の訴訟の実例の明細書とファイル、提供するサービスの内容と方式を予定します、料金基準と支払方法にサービスします。
(5)投資してサービスの業務の団の中級と高級の専門人員と核心の実行人員の名簿、学歴、業績、証明書のコピーなどの情報を提供することを予定して政府になります。
五、結果の公布
専門家を通じて(通って)評議して選出して、宣武区発改委が確認した後に、機関の名簿に入選して宣武区政府のウェブサイト、“北京を投資します”のウェブサイトの上で公表します。
六、連絡方法

今日本では住宅価格が軒並み下落していますが、

その中でも高層マンションの高層階や人気エリアの住宅はあいも変わらず人気があるようです。

常に倍率は高く、一度売りに出してもすぐに値段が上がり、3年で2倍に値段があがるというのは本当によくある話です。

それを知人から聞いたのですが、結局不動産が不況不況と言いますがいいものを作っていれば

常にそれを求める人がいるということを思い知らされました。

結局安くなっている物件はあまり必要がない物件なんだと思います。

投資用物件をご紹介する際に、まず説明するのがその地域の地盤です。

言うまでもなく日本は地震が多い国ですので、地震が起こるということは

物件のオーナーにとって資産を失うため、非常に大きなリスクとなるのです。

では、地盤の良い物件を選ぶためにはどのような方法があるか?

そのためのノウハウを紹介します。

日本の地名は歴史に非常に関係しており、

水道橋や溜池山王、水天宮など、水や水に関連する地域は比較的地盤が軟らかく、安定的でないといわれています。

ですので、そこらへんの地域にする方は、住居の耐震性を特に気をつけてください。

の営業は体力勝負です。

汚い話もよく聞きますが、不動産の世界は実力の世界

年齢も関係なく、年収2000万円の20才なんて人も稀にいます。

それが不動産です。

投資効率的に投資金額が回収できない場合でも投資家にだまして売るという人もいるようです。

非常にシビアで野蛮な世界です。

しかし、それが不動産会社の多くなのです。

そんな中で良い不動産とはどういう会社なのか?

僕は若い人間が良いスーツを着て、ひたすらクロージングをしまくるような不動産会社はあまり信用しません。

やはり地域密着でやっているようなところに賃貸をお願いしたいものです。

営業の転職